のべ10万人の患者さんに携わった知識と経験に基づいて、お客様の症状にあった方法を「無理なく、誠実に」提案します。
どんな病気や症状に対しても、お勧めの漢方をご紹介します 無料相談はこちら 松井写真
0774-71-4333 受付時間:9:00〜18:00(月〜土)※日・祝日は休み
ホーム 病気の種類 一日分から販売 ご相談(無料) 取扱商品一覧 お店紹介 薬剤師の紹介
お支払い・配送について プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記 サイトマップ カートを見る

書籍に掲載されました!

メールマガジン

当店は漢方薬や漢方食品を中心に取り扱っています。
ホームページでご紹介している漢方食品の分類は健康食品になりますのでネット販売規制の対象外です。
詳しくはお問い合わせ下さい。


●インフルエンザ

●不妊症

●流産

●腸の病気

●皮膚の病気

●痛み

●肺の病気

●自己免疫疾患

●脳の病気

●耳の病気

●足の病気

●心臓の病気

●更年期

●甲状腺の病気

●末梢神経、
筋肉の病気

●女性の病気

●男性の病気

●背椎・骨盤・腰の病気

●代謝の病気

●ガン

●目の病気

●肝臓の病気

●腎臓の病気

●低血圧

●背椎・骨盤・腰の病気

○椎間板ヘルニア


椎間板ヘルニア脊椎(脊柱)には椎骨と呼ばれる骨が連なってできています。
そしてそれぞれの椎骨と椎骨の間には軟骨でできた椎間板があり、それがクッションの役割をしています。

椎間板が強く圧迫されたりして椎間板を覆う膜が破れたり、椎間板の中身が押し出されてヘルニアをおこすと、それが神経を圧迫して痛みを生じます。

椎間板の場所、圧迫された神経の違いによって痛む場所や強弱も様々ですが、多いのは腰椎と頸椎です。

腰部椎間板ヘルニアでは坐骨神経痛をおこしやすく、頸椎の場合は手の指のしびれや痛み、足がふるえたり歩きにくくなったりします。

急性期は安静が一番ですが、慢性の痛みはとにかく温めることです。
半身浴、温灸、使い捨てカイロなどで痛むところを温めましょう。

軟骨をはじめとして骨をしっかりさせ、筋肉を強くすることが必要です。
神経痛やしびれ、そして冷えがきつい場合はそれらに対する方法をご提案します。

決まった姿勢をすると痛みやしびれをきつく感じる場合は骨に問題があることが多いです。 (ひどくなるとどんな姿勢でも変わりません)

椎間板ヘルニアでお悩みの方に、漢方を中心としたお勧めの方法をご紹介します。
ご相談ください病院の薬とも併用できるので安心です。
お気軽にこちらのページからご相談下さい。

できれば、舌の苔を取ったりせず1時間以上何も食べたり飲んだりしていない状態で
大きく出した舌の写真をメールに添付してお送り下さい。

漢方で舌診は大事な診断方法の一つで体の中の状態を判断するのに
とても参考になります。

 

カートを見る病気の種類一日分から販売しますご相談(無料)
取り扱い商品一覧(漢方食品、自然食品、化粧品など)取り扱いソックス一覧
お店紹介薬剤師の紹介書籍に掲載されましたお支払い・配送について
プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記
サイトマップホーム

 

無料相談はこちらから 一日分から販売します
無料相談はお電話でも受け付けています 0774-71-4333 受付時間:9:00〜18:00(月〜土)※日・祝日は休み
Copyright(c) 2006-2009 すずらん薬局, Inc. All rights reserved.

すずらん薬局